基本データ
キャラクタ
ギャラリー
プレイ動画
ミュージック
攻略&裏技
BBS

ザース -人工頭脳オリオンの奪還-

エニックス ( 1984年 8月 )
                    
ザース -人工頭脳オリオンの奪還-のタイトル画像 No.0ザース -人工頭脳オリオンの奪還-のタイトル画像 No.1ザース -人工頭脳オリオンの奪還-のタイトル画像 No.2

ゲームのストーリー

21世紀末、知能宇宙兵器オリオンの悪用により、最終戦争勃発。
シェルター内で生き残った人々はコールドスリープ(人工凍眠装置)に入った。
――時は流れ、眠りから覚めた人々は地球再生を願い活動を開始した。
再びの世界破滅を防ぐには、狂ったオリオンを敵の手から奪還することが必要だ。
宇宙科学者ザースは仲間2人とオリオンを破壊する為、月にあるオリオン基地へと向った。

ゲームの説明

アマチュア高校生が結成したグループ「スタジオ・ジャンドラ」制作作品。この当時のアドベンチャーゲームとしては書き込みが細かくて、メカもカッコよかった。特に雑誌広告に大きく掲載されたミリカに皆が魅了された。
グラフィックを担当した「中沢数宣」「佐山善則」らは後にサンライズ系アニメのメカデザインの仕事などをしている。

当初はディスク5枚の壮大なストーリーであったらしいが、当時のゲーム事情を思えばそれは不可能だろう。そして実は全4部作で成り立ったシリーズの内の1つで、その最終章が「ザース」であると月刊マイコン少年(現在HP閉鎖)のインタビューで制作者の口から語られている。

■ネクサス・リーダー・シリーズ(全4部作)
第1部 「?(不明)」
第2部 「プラジェータ」
第3部 「YUKA」(開発中止 未発売)
第4部 「ザース」

シリーズ作品
プラジェーターのオープニング画像 プラジェーター
エニックス ( 1989年 12月 )

キーアサイン

[ カナ ] コマンドの入力。
[ SPACE ] コマンドの決定。

関連タグ

杉江正
中沢数宣
佐山善則


ゲームデータ

メーカー名 エニックス
開発元 スタジオ・ジャンドラ
英語表記 ZARTH
機種 PC-8801/SR
発売日 1984年 8月
価格 5,800 円
ジャンル アドベンチャー
メディア FD 5.25" 2D
( 1 枚 )
閲覧数 6,005 回
人気ランク 103 ポイント



PAGE MENU

ログイン後にゲームデータの編集ができます。(トップページの右側にあります)【 トップページ
会員登録をしていない方はこちら。【 会員登録

※ 掲載しているゲーム画像、ロゴ等の権利は各メーカーが所有します。
本サイトは、当時のパッケージ商品として 既に販売が終わっている商品、かつ販売終了後10年以上経過しているゲームを、より理解度を深めて 頂く事を目的に、利用者が自由にゲームデータを登録・加筆・修正出来るデータベースサイトです。 当サイトの主旨をご理解頂いた上で問題がある場合は、連絡を頂ければ可能な限り迅速に対応致します。