基本データ
キャラクタ
ギャラリー
プレイ動画
ミュージック
攻略&裏技
BBS

ダ・ビンチ -スーパーグラフィックツール-

ポプコム ( 1985年 )
                    
ダ・ビンチ -スーパーグラフィックツール-のタイトル画像 No.0ダ・ビンチ -スーパーグラフィックツール-のタイトル画像 No.1ダ・ビンチ -スーパーグラフィックツール-のタイトル画像 No.2

ゲームの説明

ソフト名は芸術家「レオナルド・ダ・ビンチ」に由来する。
PC-88のスタンダード・グラフィックソフト。

マウスに対応しているが、当時はキーボードでの操作が主体で誰もが使うデバイスとして普及していないこともあってかポインターがマウスカーソルではなく、クロスカーソルという縦横に十字に引かれたポインターを採用してカーソルキーで絵を描き易くしている。

起動時にルーペ機能が既にONになっておりポインター周りが左上に拡大表示されるのだが、それと気付かないとバグと勘違いして一瞬焦る。

デジタルRGBのみでアナログRGBに対応していない。
ソフトの設計が古いままだった為「LALF」登場後に取って代わられた。

またスキャナーが高価だった為、サランラップを使ったラップスキャンという手法を主に取って絵を描いた。

「ZAVAS」や「エメラルドドラゴン」などのキャラクターデザイナーである木村明広がアマチュア時代にこのソフトを使ってポプコム誌に投稿していた。

キーアサイン

[ MOUSE ] カーソルの移動・点や線を描くなど総合的な操作。
[ 2 ] [ 4 ] [ 6 ] [ 8 ] カーソルの移動。
[ SPACE ] メニューの決定。点や線を描く。
[ STOP ] メニューに戻る。キャンセル。

関連タグ

木村明広


ゲームデータ

メーカー名 ポプコム
開発元 ポプコム
英語表記 da Vinci
機種 PC-8801/SR
発売日 1985年
価格 6,800 円
ジャンル グラフィックエディタ
メディア FD 5.25" 2D
( 1 枚 )
閲覧数 8,693 回
人気ランク 100 ポイント

ゲームパッケージ

ダ・ビンチ -スーパーグラフィックツール-のパッケージ画像




PAGE MENU

ログイン後にゲームデータの編集ができます。(トップページの右側にあります)【 トップページ
会員登録をしていない方はこちら。【 会員登録

※ 掲載しているゲーム画像、ロゴ等の権利は各メーカーが所有します。
本サイトは、当時のパッケージ商品として 既に販売が終わっている商品、かつ販売終了後10年以上経過しているゲームを、より理解度を深めて 頂く事を目的に、利用者が自由にゲームデータを登録・加筆・修正出来るデータベースサイトです。 当サイトの主旨をご理解頂いた上で問題がある場合は、連絡を頂ければ可能な限り迅速に対応致します。