基本データ
キャラクタ
ギャラリー
プレイ動画
ミュージック
攻略&裏技
BBS

スパイ VS スパイ

GA夢 ( 1986年 8月 )
                    
スパイ VS スパイのタイトル画像 No.0スパイ VS スパイのタイトル画像 No.1スパイ VS スパイのタイトル画像 No.2

ゲームの説明

アメリカの「MAD MAGAZINE」誌で1961年から連載されたサイレント漫画を元にゲーム化した作品。
某国の大使館に潜入し、隠されたアイテムを探し奪い合い、時間内に脱出するという内容。
スパイの名前は白と黒。日本で知名度の高いヘッケルとジャッケルはファミコン独自に付けられた名前。二人は謀略の限りを尽くし凄惨な殺し合いをする。

コモドール64などで発売され、日本ではセガ・マークⅢなどに移植された。
手持ちの道具を利用して部屋のあちこちに罠を仕掛けることが、このゲームの醍醐味。
人との対戦はゲームの面白さをより一層引き出すのだが、熱が入りすぎて喧嘩になる事も。

原作者は亡命キューバ人の「アントニオ・プロフィアス」。彼はカストロ及び共産主義者を批判する風刺漫画を新聞に発表したために、カストロの不興を買い、人々からも非難や脅迫を受け、1960年5月にアメリカへ渡った経歴を持ちます。原作漫画はそれらの経験から着想を得て生まれ、カストロ政権とCIAに関するパロディーとなっているようです。

キャラクターのモチーフはカラス。キツネと勘違いされる事もあるが、カラスは西洋で狡賢い知の象徴とされている。
タイトルのVSは“バーサス”と読まず“アンド”と読む。当時は“ブイエス”や“対”と言った読み方を多く耳にした。VSの読み自体も“ブイエス”が一般的で、“バーサス”という読み方は聞かなかった。少年時代の記憶に頼るなら漫画「キン肉マン」で言いだしたことが“バーサス”浸透の発端なのかもしれない。

キーアサイン

[ 2 ] [ 4 ] [ 6 ] [ 8 ] 1P プレイヤの移動。
[ 5 ] 1P アクション。(長押しでアイテムの選択)
[ X ] [ A ] [ D ] [ W ] 2P プレイヤの移動。
[ S ] 2P アクション。(長押しでアイテムの選択)
[ SPACE ] ゲームスタート。
[ STOP ] ゲームポーズ。

関連タグ

アントニオ・プロフィアス
社会風刺


ゲームデータ

メーカー名 GA夢
開発元 GA夢
ライセンス元 ファーストスターソフトウェア
英語表記 SPY VS SPY
機種 PC-8801/SR
発売日 1986年 8月
価格 6,800 円
ジャンル アクション
メディア FD 5.25" 2D
( 1 枚 )
付記 海外移植作品
閲覧数 3,142 回
人気ランク 100 ポイント



PAGE MENU

ログイン後にゲームデータの編集ができます。(トップページの右側にあります)【 トップページ
会員登録をしていない方はこちら。【 会員登録

※ 掲載しているゲーム画像、ロゴ等の権利は各メーカーが所有します。
本サイトは、当時のパッケージ商品として 既に販売が終わっている商品、かつ販売終了後10年以上経過しているゲームを、より理解度を深めて 頂く事を目的に、利用者が自由にゲームデータを登録・加筆・修正出来るデータベースサイトです。 当サイトの主旨をご理解頂いた上で問題がある場合は、連絡を頂ければ可能な限り迅速に対応致します。