基本データ
キャラクタ
ギャラリー
プレイ動画
ミュージック
攻略&裏技
BBS

ラルフ -ハイパーグラフィックツール-

徳間書店 ( 1989年 4月 )
                    
ラルフ -ハイパーグラフィックツール-のタイトル画像 No.0ラルフ -ハイパーグラフィックツール-のタイトル画像 No.1ラルフ -ハイパーグラフィックツール-のタイトル画像 No.2

ゲームの説明

ポプコムから出ていた「ダ・ビンチ」とは違いソフト名に特に意味はなく、製作者は次に作るものは何であろうと「LALF」にしようと思ってたらしい(後に「LALF」の名はブランド名として扱われたようで、古代祐三が開発したことで知られるサウンドエディタも「MUSIC LALF」とした模様)。

当時市販されたグラフィックツールで初めてレイヤー(セルと呼んでいた)の概念が取り入れられたであろうソフト。
多機能でアナログRGBに対応してる為かグラデーションが素晴らしく綺麗で水彩画のように重ね塗りも出来た。
完成度の高いCGツールだが、あえて欠点を挙げるなら表示色数8色というのが制約となって使う色に影響を受けて作業用アイコンの色が変わってしまう。

他機種へ移植されなかったがインタビューでPC-98のペイントルーチンだけ出来ていると開発者の一人Oohira氏が語っている。

キーアサイン

[ MOUSE ] カーソルの移動・点や線を描くなど総合的な操作。
[ 2 ] [ 4 ] [ 6 ] [ 8 ] カーソルの移動。
[ Z ] メニューの決定/draw。
[ X ] メニューの切り替え/キャンセル。

関連タグ

佐藤元
いのまたむつみ
矢野健太郎
テクノポリス


ゲームデータ

メーカー名 徳間書店
開発元 テクノポリスソフト
英語表記 LALF
機種 PC-8801/SR
発売日 1989年 4月
価格 12,800 円
ジャンル グラフィックエディタ
メディア FD 5.25" 2D
( 2 枚 )
閲覧数 6,942 回
人気ランク 200 ポイント



PAGE MENU

ログイン後にゲームデータの編集ができます。(トップページの右側にあります)【 トップページ
会員登録をしていない方はこちら。【 会員登録

※ 掲載しているゲーム画像、ロゴ等の権利は各メーカーが所有します。
本サイトは、当時のパッケージ商品として 既に販売が終わっている商品、かつ販売終了後10年以上経過しているゲームを、より理解度を深めて 頂く事を目的に、利用者が自由にゲームデータを登録・加筆・修正出来るデータベースサイトです。 当サイトの主旨をご理解頂いた上で問題がある場合は、連絡を頂ければ可能な限り迅速に対応致します。